鉄は、熱いうちに打て。

1歳4カ月からの“DWE子育て”と、聞きかじり早期教育の実践。

【1歳児ひらがな学習】夫が「早期教育をする理由」が男前だった件。【学習の進め方、使っているもの追加】

先日、我が家で行なっている【1歳児ひらがな学習】の記事
【1歳児ひらがな学習】使っている教材、知育玩具 - 鉄は熱いうちに打て!
【1歳児ひらがな学習】赤ん坊が『文字』の存在を認識したのに感動して、思わず抱きしめた話。 - 鉄は熱いうちに打て!
をアップしたところ、読んだ夫から「オレが積み木(ニチガン「もじあそび」)を使って、こつこつひらがなを教えてたことがまるで書かれてない」とクレームが入りましたので(書き飛ばしてる自覚はあった(^^;))、簡単にtetsu_atsu(鉄熱)家のひらがな学習の流れを記しておきます。

ついでに夫に「そう言えば、なんで早期教育をはじめたの?」と尋ねたところ、
「鉄太郎(子どもの仮名)と早く意思疎通を図りたいから」
と返ってきました。
「!(私のショボイ理由と違う!!!)
私のショボイ理由は以下です。
自分で産んだとは思えないほど利発そうな子ども(ハイ、親の欲目です、完全に)なので、親がサポートしてさまざまな能力を伸ばしてあげたいと思ったから。その「教育」は早いに越したことはない、とで読んだから
「どこが男前?」と言われてしまいそうですが、まぁ、そこは大目に見てください。てっきり「いい大学に入れたいから」とか、そういう返事を想像していたんです、恥ずかしい。子どもを心底かわいがっている夫らしい素敵な理由だと思ったので、そのように表現しました。
「子どものためを思って」はじめた早期教育が「うまくいかなくなる」こともあると思います。そういうときは、「ほんとうに子どものためって思ってる?」と振り返ることができるくらいの余裕はもっていたいところです(`・ω・´)キリッ。
寄り道が過ぎましたので、本線に戻ります。

夫が積み木「もじあそび」でやっていたこと(1歳2カ月の子どもに対して)

f:id:tetsu_atu:20180211230620p:plain

  • 「あさがおの『あ』だよ」、「いちごの『い』だよ」と言いながら子どもに渡して、一緒に積み上げていく(渡す、積み上げる順番は50音順にこだわらない)
  • 「ももの『も』をどうぞ」と言って、文字を意識させながら積み木を手渡しする(ちなみに、「もも」は積み木「もじあそび」のなかで一番早く覚えたことば。1~2週間くらいか?)
  • 余談  「○○をどうぞ」のスタイルは、このひらがな学習よりずっと前から夫は独自に行なっていて、例えば「青いボール、どうぞ」、「赤いボール、どうぞ」といってボールを渡すというもの。理由は「早くから色を認識させたいから」
  • 余談② このボール渡しの時あわせて、「受け取ったら『ありがとう』(頭を下げる仕草)」も教えていた。この“相手から何かを貰ったら(してもらったら)お礼”ということを早く認識させておくのは、とっても良いことだと思います=躾の意味で。いま、子どもは家族以外の人にもきちんと頭を下げて”お礼”をすることができます(もちろんその場で親が促していますが)
  • これらを、子どもと過ごせるわずかな時間(平日なら風呂上がり~寝るまで、など)でこつこつ行なっていた

わたしは主に風呂場担当。DVDにも頼る(1歳3カ月~)

f:id:tetsu_atu:20180212001332p:plain

  • 毎晩おふろでおぼえる ひらがなを指さし、「『あ』はどれ~?」、「おにの『お』は~?」と訊く(知っていそうな文字を中心に訊くので、新たに覚えられない)
  • お風呂に浸かりながらの「いちぃ~にぃ~さん~」をやめて、「あいうえお かきくけこ さしすせそ…」の50音暗唱に切り替えた
  • リビングにもあいうえおひょうを貼って教えようとするも、剥がされるなどして効果薄(-"-;)
  • DVD効果に味をしめ、今後ひらがなはDVDで習得させようか?くらい思っている (手抜き)←イマココ

【1歳児ひらがな学習】使っている教材、知育玩具など追加

前記事に書き忘れた本、知育玩具などがありましたので、追加で記録しておきます。

鉄っ子にはたまらない「でんしゃのあいうえお」交通新聞社

じつは、積み木(ニチガン「もじあそび」)を購入する前、1歳を迎えた直後に、電車好きの子どものために買っていました。我が家の「ひらがな教材」の最古参を忘れてました(^^;)。

  • かい やねの きたしんかんせん」、「きうき んてんせき」といった具合に、電車にからめた50音が各文字見開き2ページ、写真入りで収録されている
  • くもりの あじ れせんべい」、「ーどまんてんの じんえき」なんていう、子どもにはちょっとむつかしそうな(笑)ページもある
  • 子どもたちのために、最大限興味を引かせるような「ことば選び」をされているのだとは思いますが、個人的に(ど素人意見)「ひらがなを勉強するには、語呂がイマイチでは?」と思う箇所もあり、例えば「も」のページの「のすごい のれーる」というのがどうも引っかかります。『のれーるで うすぐ くてきち』とかのほうが、すっきりまとまって良くない(-"-;)? と思います(わたしが考えた拙い案です(^^;))

主に3番目の理由で、買った当初は「ひらがな学習にはそれほど向いていなかったかな?」と思いましたが、子どもはいまも頻繁に本棚から引っ張り出してペラペラめくっているし、好きなページ「きは いごで すてーしょん」を見ては喜んでいるようなので(ライトアップされた東京駅&月の写真が好き。東京駅を見せに行くきっかけにもなった)、やはり素敵な本です。

でんしゃのあいうえお

でんしゃのあいうえお

「 ぬまっち」ってアナタだれ!?知らないキャラに新鮮な驚き「アンパンマン ひらがなマグネット」(アガツマ

ウチの子どもがはじめて覚えたことばが「あんぱん」(アンパンマンのこと)だったのと、鉄熱家が早期教育で参考にしている東大卒の英才教育さんの1歳でひらがなが読めるようになるコツ―具体的な教え方―にも載っていたので買ってみました。台所侵入時には、冷蔵庫に誘導→そのままお勉強へ…との画策もあったのですが…。「ぬまっち」など、知らないキャラの多さに面食らう!(親が)。46キャラ中、知らないキャラ約20。
f:id:tetsu_atu:20180213142239p:plain
そりゃ50音(46キャラ)網羅しなきゃいけないですからね(^^;)。
子どもははじめて見るであろう(私もはじめて知った)むっしゅふらんすぱん(本来はカタカナ表記)に興味津々!むっしゅふらんすぱんが何者かまったく知らないけど、わが子の「む」習得は彼にかかっている!(と思う)

アンパンマン ひらがなマグネット

アンパンマン ひらがなマグネット

DAISOの仕事って神がかってますよね(知育教材関連)

100均のレジェンドDAISOって、すごいんですね。子どもをもつまで知らなかったです。とくに知育教材(シールブック、本、ドリル)は神がかっていると思わせるレベル(コスパが凄い)。
ここで紹介するのは、「ひらがなシール」です。これは「FANCY STICKER」という商品名で、知育教材として売られていたわけではありません。ウチではこれを、照明のスイッチ(子どもって矢鱈と押したがりますよね)に貼って「『あ』の電気のスイッチ押して~」という具合に使っています(余談;押してくれたら「ありがとう。助かったよ」は欠かさない)。(写真が所々歯抜けなのは、はがして使っているからです、スミマセン。いや、もっと活用しなきゃな(^^;))

f:id:tetsu_atu:20180213150752j:plain
書体にやや“難アリ”ですが、そこはちょっと“改造”して教科書体に近づけたい!